校歌・校章

 

校歌・校章
 
 
  ←←ーー再生ボタンを押すと校歌が流れます
 
               
     歌
 
 
                                                   勝   承 夫 作詞
                             平 井 康三郎 作曲
 
 
 
     1.みどりつらなる 丘を越えて           2.多摩と秋川 結ぶほとり
       富士 秩父 御獄も晴れて                はつらつと 友情燃えて
                     かがやくところ                    集まる学徒
        新  き 英知をここに                      き 個性を高め
        進く 技術をここに                   たゆみなき 真理を究め
       工業の精華を学ぶ                                 幸多き文化を拓く
       われら多摩工高 愛する母校                  われら多摩工高 のびゆく誇り
 
 
 
      3.四季をいろどる 庭の花に
                                                                          
     青春の夢 清らかに
        こころもなごむ
      永  の 平和を胸に
      世に尽くす 使命を肩に
    工業の未来を担う
    われら多摩工高 栄えある母校 
 
   
 
て    
 
 
 校名多摩は、玉に通じ、宝石のイメージを持つ。よって、王者ダイアモンドの基本形態としての菱形を配した。本校には三つの科がある。三つのダイヤはそれぞれ機械科・電気科・環境化学科(工業化学科)を表わしたものである。中心には人格の完成を願う意味で、磨かれた玉をあしらい、あわせて、工の字を形象化することによって、良き工業技術者となることを願っている。さらに、高等学校教育の理想を求めるため、高等学校としての高の字を中央に掲げた
  
          

 

〒197-0003 東京都福生市熊川215
電話 : 042-551-3435 ファクシミリ : 042-551-7592
E-mail : S1000173@section.metro.tokyo.jp